このページのリンクアドレス

エブリスタ
クリスマス・ハネムーン

小説 BL

クリスマス・ハネムーン

クリスマス・ハネムーン

愛染ほこら

【R-18】狂おしいほど愛しい君。僕らは命とカラダを使って、禁断の愛を確かめる。

完結

289ページ

更新:2014/11/29

説明

 ある夜ベッドの中でハニーが言った。

「私は君との中途半端な恋を終わらせたいんだ」

「……え?」

 なんて驚いてみせたけど、実は判ってた。

 ハニーは、僕より十歳年上だ。

 もし、ちゃんとした家庭を築き、子供を作って暮らすのなら、僕との関係はもう、終わりにした方が良い。

 けれども僕はハニーを愛してたから、どうしても心の整理がつかなくて、不覚にも、泣きだしそうになった。

 そんな僕に、ハニーは笑う。

「……だから、さ。籍入れよう」

「……は?」

 ……………

 無理! 絶対、無~理~!

 少なくとも、日本の法律では。

 だって僕たち、二人とも男なんだもんっっ!

 絶叫する僕を無視してハニーはとっとと手続きを済ませて、僕を家族にしてしまうと、嬉しそうに言いやがった。

「お次はハネムーンだよ、螢(ほたる)君。
 オーストラリアで良いよな?
 今だったら南半球のクリスマスが見られるぞ」

 ……マジですか?

 ☆★☆★☆

 本当にあった話……かどうかは、ひ・み・つ。

『僕』と『ハニー』の物語。

 ちょっと特殊な恋ですが、読んでもらえると嬉しいです。


 素晴らしい表紙絵は、音葉ぽるかさん [リンク] に書いていただきました。

 音葉ぽるかさん作、他のイラストを見たい方は是非、イラスト集へどうぞ♪

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

愛染ほこらさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント