このページのリンクアドレス

エブリスタ
彼女は取り巻く虚を打ち伏せる。

小説

色即是空、故、空即是色

彼女は取り巻く虚を打ち伏せる。

千古不易

ライトノベルです。

完結

103ページ

更新:2015/09/09

説明


作者からの警告。

この作品は一頁から読むのは至難です。最後の頁から、一頁に向けて読んでください。

以上です。


うらおもてひょうり――裏表表裏は身長百五十五㎝、艶やかで癖のない黒髪ぱっつんの中学生であった。一人の男子に恋をし、取り巻く周囲に疑問を抱く。そう言えばと幾度か見ている夢を追う毎に周囲が歪み始め、走り出した。

友人、家族、恋、本音を混ぜて強気に進む健気な裏表表裏である。

この作品のタグ

作品レビュー

竹橋 夢仁
竹橋 夢仁さん
【作品】色即是空、故、空即是色についてのレビュー

ネタバレ

ベストレビュアーズの高内です。イベントから参りました。
失礼ながら千古さんの小説を読むのは初めてなので、Keyさんのように別作品と比較して語ることができません。申し訳ないです。

一言で感想を述べるなら「凄い。たぶん書くのも大変だったんだろうな。でも、疲れちゃうな」ですね。俗っぽくてお恥ずかしいですが。
出てくる熟語や表現から察するに、おそらくほとんどの文法的違和感は意図してなされたものなのだと思います。元々普通に書いていたのが普通の表現に飽きて崩すようになったのか、最初から崩して書いてしまったのかは分かりませんが(後者なら奇矯を衒ったイロモノと呼ばれるだけでしょう)。逆から読む形式からして実験的ですし。夢ってものは違和感の塊みたいなものですし。
問題は、それを受け取る側に対して千古さんの脳内を再現できるだけの材料を与えたかどうかです。
小説は読む人間があってこそのもので、最低限の読み取り材料は与える必要がある、というのが私の感覚です(自慰的な自己完結の作品でいい、という場合はその限りではありませんが、こういうサイトに公開している以上、不特定多数の人に読んでほしい作品と捉えます)。勿論、没個性になれというのではありません。難解なら難解なりに、難しくとも最後にはある程度の答えをみる必要があるという話です。
このとき、「最後まで読めばわかるから」は通用しません。多くの人(ライトな読書層も含む)に最後まで読んでもらい、評価されたいのであれば、いくらかのエンタメ性はどうしても必要になるからです。かわいい女の子もいいですが、あくまで小説なので文章的なエンタメ性ということです。エンタメ性も導入しすぎるとつまらなくなるのでそこは作者のバランス感覚が試されますが。

コメント欄に続きます

もっと見る

2015/08/25 23:25
コメント(1)

千古不易さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません