このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕が猫をかった理由

小説 恋愛

僕が猫をかった理由

僕が猫をかった理由

橘 樹

僕が出会ったのは猫によく似た女の子だった。

完結

142ページ

更新:2014/12/01

説明

課長 高宮 笙さんのプライベートライフです。

傷心の彼が出会ったのは猫によく似た女の子。

だけど彼女は訳アリで…。    ↓↓追記 2014.12.1
             

「その…の間に」の番外編なのでそのまま恋愛のカテゴリに入れましたが、
すみません。
どなたのご支持もなかったのですか(^_^;)
作者でありながら気に入ったキャラでしたので書いてしまいました。

※BLに走る気はありませんので、あしからず

追記  ただいまスマホ用編集中<(_ _)>
内容には変更ありません

もう1点お詫びを…実はこのお話は完結しておりまして。
いずれ別タイトルで絢と笙さんが登場のお話を描きたいとは思ってるんですが(^_^;)
しおりを挟んでいただいてる方には、重ね重ねすみません。    2014.11.29
編集終了 2014.12.1

1.”その…の間に”[リンク]
2.”その…続きは”[リンク]
3.僕が猫をかった理由
4.俺は君だけに跪く[リンク] 
の順でストーリー展開しています

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

橘 樹さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません