このページのリンクアドレス

エブリスタ
Before Sunny Day

小説 恋愛 大人の恋

Hello!My Princess!

Before Sunny Day

よよよ

(3)

普通の恋の始め方、最悪な恋の終わらせ方。どっちも分からない。

完結

400ページ

更新:2015/08/30

説明



綺麗という容姿には程遠い。

その上オシャレも苦手。

明るい素直な性格でもなくて。

地味で目立たなくて、これといった特技もない。

そんなんだから、もちろん恋なんて、うまくできない。

普通の恋の始め方も分からなければ、最悪な恋を終わらせる勇気さえなくて――

そんな欝屈としたプリンセスに手を差し伸べたのは、ちょっぴりおバカ(?)でちょっぴりミニ丈のプリンス。

だけど彼は、彼女のもっとも苦手とするタイプの人でした。


不器用系大人の恋・第二話。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


第一話『Hello!My Princess!』+αの物語を、ヒロイン・藤枝咲苗女史サイドでお届けします。

本格的にシンクロしてくるのは、【Chapter†Ⅷ】からとなります。

章題ページに、シンクロする第一話側の章数字を下記のように記載してみました。
例;(ref;2)

気が向いた方は、是非、野村くん側を振り返りつつ、お楽しみ頂ければと思います!


はろぷりとは、天と地ほど雰囲気が違います。

それでも構わないという勇者方々(笑)のみ、どうぞ頁を繰ってやってください。

2014/04/28~

この作品のタグ

作品レビュー

のはらはな
のはらはなさん
【作品】Hello!My Princess!についてのレビュー

ネタバレ

完結おめでとうございます。
ただふた、ハロプリから続く3作目は、ハロプリで野村くんの心を射止めたお姫様、さなえさんのお話。
さなえさんサイドからのお話ということで、ハロプリ読者には場面、結末も、大方分かってはいたのですが、全く別のお話として入り込んで読んでしまいました。
ハロプリでは野村くんを身体で翻弄するも心は開かない、ちょっと読めない女子として登場したさなえさんですが、どんどん魅力的な女性として描かれてきて、ラストは野村くんと一緒になって彼女を応援してました。こちらでは彼女の辛い心情やコントロールできない感情との闘い、そして殻を破って光の中に足を踏み出そうとする葛藤なんかがリアルに伝わってきて、本当に胸が熱くなりました。
自分のことがあまり好きではなかったさなえさん。野村くんの真っ直ぐな愛情に触れて、初めて相手のことを真っ直ぐに求められるようになって、少しずつ自分を好きになって。
「色気付いて」なんて、自分で照れてますけど。好きな人に好きって言われて、それで自分を好きになれるからこそ、人って輝けるんだなあ、と、そんな風に思えました。

もっと見る

2014/10/08 15:49
コメント
夏月  海桜
夏月 海桜さん
【作品】Hello!My Princess!についてのレビュー

ネタバレ

読了しました。

本作品は、「ただのふたり。」という作品に出てきた野村君のお話「Hello my princess」というお話のヒロイン藤枝咲苗女史のストーリーだ。彼女、咲苗さんは仕事が出来て真面目な女性。ただ、難点は恋愛下手という事だろう。彼女は、本来好きになってはいけない男性に恋をし、さらには付き合っていた。だが、相手は付き合ってもいけない相手。それでも、男性を信じて尽くしていた。
けれども、やはりダメだ。という事に気付く。ただ気付いても、男性と別れる勇気が無い。男性と別れて寂しさを埋められる自信が無い。自分などに振り向いてくれる男性などいるわけが無いから……と思っていた。
頭では別れなくてはいけない、と理解をしているにも関わらず、感情はズルズルと続けて断ち切る勇気が湧かない。そんな自分を真面目な彼女は嫌悪する日々。しかし。その彼女の凍った気持ちを溶かす存在が現れた。
彼は、いつも純粋で真っ直ぐで。綺麗事しか言わないと思う彼女。けれども、そんな彼にいつしか惹かれる自分を知った。
けれども、付き合っている男性の事を断ち切れず、惹かれた彼にどう行動をしていいのか解らない彼女。やがて彼女の取った行動は……。
しかし、その行動こそが彼女の拙い想いを表す行動なのだと理解出来れば、あまりにも不器用で素直になれない彼女の想いを応援してしまう自分がいた。言葉で想いを伝えるのが苦手な彼女の愛情表現。彼女は果たして幸せになれるのだろうか。彼は彼女の想いを理解出来るのだろうか。
結果が判っていても、それでも2人の恋愛が成就するように願わずにはいられなかったし、不器用な彼女の精一杯さになんだか恋愛の甘酸っぱさや切なさを思い出した。
どの年代が読んでも面白い作品だろうが、30代以上の男女に読んでもらいたい大人の恋愛作品である。けれども、30代以下の読者には、こんな恋愛もある。という事をお薦めしたい。
……やっぱりどの年代にもお薦めの作品だ。
本作品からでも略称ハロプリからでもどちらからでも読んで堪能して頂きたい作品だ。

もっと見る

2014/10/06 13:19
コメント

よよよさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません