このページのリンクアドレス

エブリスタ
他人の不幸を閉じ込めた本-獅子の刺青編

小説 ホラー

他人の不幸を閉じ込めた本-獅子の刺青編

山口かずなり

(2)

110話、全てが不幸 (バッドエンド)

連載中

773ページ

更新:2018/04/19

コメント:バッドエンドだらけの怪奇小説(二度読み推薦)

説明



臆病者の青年が書き上げた、他人の不幸を閉じ込めた本。


そこには自分の罪や罰、人間の醜さが描かれていた。


暗黒に彩られた1話完結のダークファンタジー。


(全ての物語がバッドエンドです)


アンチモラル特集


新人ピックアップ作品

この作品のタグ

作品レビュー

西 東
西 東さん
【作品】他人の不幸を閉じ込めた本-獅子の刺青編についてのレビュー

ネタバレ

 ハイエナには死肉喰らいのイメージが有ります。
 実際骨すら噛み砕く強靭な顎を持つハイエナは、骨の髄さえ栄養とし利用出来るからだそうで、他の大型肉食獣が食べ残した部分を漁る事も多いから付いたイメージですね。

 でも実は狩りの腕前はとても良く、他の肉食獣に比べその成功率はとても高いそうで。むしろ群れを出た若いオスライオンが、ハイエナの倒した獲物を奪う事も多とか。

 何でもハイエナ独特の腰の低い体格は持久力に富み、延々と獲物を付け狙い弱ったら狩り取るまで粘れるからだそうで、狩り取られる側としては、一度目を付けられたら逃げ出せない悪魔みたいな相手です。

 前置きが長くなりましたが、この「他人の不幸を閉じ込めた本」に出てくるハイエナの刺青を持つ男も、虎視眈々と付け狙った獲物を次々と狩って行きます。時には自身も危ない目に遭いながら、確実に狩り取る腕前は見事の一言に尽きます。

 そして続きものの物語に良く有る、悪人がだんだんと良い人に変わる。何て事も無く獲物を淡々と狩る黒いフードの男に、個人的にはむしろ心地好さを感じるのが不思議です。

 これから続く物語も楽しみに待っています。

もっと見る

2015/02/23 14:54
コメント(2)

山口かずなりさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント