このページのリンクアドレス

エブリスタ
シュヴィ【光と闇の神】

小説 ファンタジー

緋影シリーズ

シュヴィ【光と闇の神】

天喰い

誤字脱字、発見次第即修正!表紙絵募集中!ε=ε=┏(;__)┛

完結

2544ページ

更新:2018/09/19

コメント:現代物の小説が終わり、第三部開始しました♪お暇がお有りでしたら、ご一読下さいm(_ _)m

説明

シュヴィ=緋影の夫

光と闇の神
彼も、孤独の神である

ただ、独り
椅子に座り、眠っていた

知識・魔力・力
充分有るのだが、それを活用しなかった

何故?

「眠い、それにタルい」

それだけ

そんな彼の所に、緋影が現れた事から、物語が始まる





前作と被る箇所は、
セリフを変えたり、説明になったりとしてます

御了承下さい

この作品のタグ

作品レビュー

天喰いさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント