このページのリンクアドレス

エブリスタ
窮鼠は猫を噛み砕く

小説 BL

窮鼠は猫を噛み砕く

窮鼠は猫を噛み砕く

みたらし

(6)

鼠は、時には猫だって噛み殺す※学園BL

連載中

191ページ

更新:2018/06/14

説明

■窮鼠、設定集[リンク]
◇窮鼠、記念小説[リンク]
●窮鼠、落描き置場[リンク]


●鈴本萌香様が真那を描いてくださいました![リンク]

★いしがみ様[リンク]のコミック「ラットの進域[リンク]」に真那と蛍杜がエキストラとして登場させてもらいました!
登場はシリーズの3からになります。役は真那が写真部部長。蛍杜が映画研究部部長です。

○aun様に素敵な表紙を描いていただきました!




***


学園内でNo.1の嫌われ者
神上 真那(カミジョウ マナ)。

容姿は平凡。
中身も平凡。
ただホモが嫌いな平凡。

平凡だったのに、噂の王道が来たり生徒会が騒いだりと非日常が襲来。

「好きな物は平和。ホモは滅びやがれください」


基本は自己満足小説です。
行を詰め気味に書いてますので好き嫌いが別れると思われます。(修正中)

※BL苦手な人はそっとじでお願いします。
※何度かご指摘がありましたが、この作品は一人称と三人称がごちゃごちゃに混じっています。
現在は一人称に統一しようと修正中ですので、ページごとに書き方がおかしいとは思いますがご了承ください。

時々過去のページを編集しています。ページが増えていないのに更新されているときは主にそれです。
※現在16ページまで編集完了してます。

この作品のタグ

作品レビュー

朧風
朧風さん
【作品】窮鼠は猫を噛み砕くについてのレビュー

ネタバレ

【BL作品読ませてくださいっ!!】に参加ありがとうございました!!読むのが大変遅くなってしまい、大変申し訳ありませんっさっそくですが……書かせていただきますね。
まずは、哲学者のように様々なことを考えて冷静にものを見ているまことさんに萌えました///
まことさんのような主人公大好きです!!個人的には、蛍社さんの綺麗な笑の下にある意地悪さには悶えました!!文字の間隔については、最初から言っていただいたのであまり気にならずに読むことができました!ただ気になったことがあります。時々文章に違和感を感じます。一人称視点ですよね?そして主人公の一人称は”俺”ですよね。ですが、時々三人称のような語りになるのに違和感を感じました。たとえば……p5。最初は主人公の心情として学園のことや自分という人間に対しての周囲の人間の風当たりなどを説明しているだけかと思いましたが……”そして、まことちゃんこと、神上真那の”の部分に違和感を覚えました。別にあのままでもいいと思いますが、「まことちゃん」を””を使うことで、読者さんが主人公の名前を見逃さないよう丁寧に強調していると(勘違いだったらすみません)思っていただけに、大事な説明なのにここではいいの?と気になりました。そして次に、主人公の評価の悪さを説明した次に「それは唐突に来るのである」という文章が続いてますよね。それで、主人公がかなりヤバい虫の知らせを受けているわりには、声をかけられて喋っているだけ。眠った後に、図書室でやらかしている生徒たちの現場に居合わせて主人公がすっごくげんなりしているのは分かりましたが……。本当に個人的なお話になるのですが、蛍社さんの接触で主人公に妬みを持った人がこっそりと意地悪なことをして、もっと主人公の立場の悪さを読者に表現するのかなー?と思っていただけに……盛り上がりが感じれなくて、かなりヤバい虫の知らせの文章を印象的に書いていたのを見ただけにもったいなく感じました。
長文の上、まとまりのない文章ですみません。ここに述べたことは全て個人的意見になり、捨ててしまってもかまいません。今回はありがとうございましたっ

もっと見る

2015/01/28 00:16
コメント(1)

みたらしさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント