このページのリンクアドレス

エブリスタ
美しい月

小説 恋愛

美しい月

こはしもとき

「真咲妃さん大好きです」「何で敬語なの?」「え?好きだから……いけませんか?」

過激表現あり

完結

226ページ

更新:2018/01/20

説明

真咲妃(まさき)はクラブで働く女。

客に恋されるのは慣れてしまった
貢いでくれればそれでいい

金がなくなれば切ればいい

言い寄ってくる数々の恋も軽くあしらってきた

『普通の恋』に憧れてたあの頃の自分はもういない。いつから恋にこんなに冷めた女になっちゃったんだろう……



ある日店にきたサラリーマン

初めは気にしていなかったのに、いつからか目で追うようになっていた

「一目惚れなんです」

そう言われて胸が締め付けられた。

あたしはこの人に恋しているの?
普通の女の子がするような『普通の恋』を?





※過激な性的表現を含みます。苦手な方は自粛して下さい。



※クラブの内容は薄っぺらです。すみません。






無事完結しました。
読んでくださった方々には感謝いたします。


2010.9.24

この作品のタグ

作品レビュー

こはしもときさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント