このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

蒼夜の死神

小説 ファンタジー

蒼夜の死神

薔薇姫

修正完了した頁から公開

休載中

6ページ

更新:2012/07/22

説明

 

少年の前世は、神だった


幾度と変わる世界の中で
少年ははたして何を感じ何をみて生きる


友を持ち
仲間を持ちながら

その少年は再びこの世界を見つめる




全てを


「お前は…俺の、子供……だからな……」

変える為に…

「私たちは、あなた様に着いてきたのですから」

この少年は

「また失う訳にはいかないんだ!今度は俺が守りぬくと決めたから!」

あと幾度 涙を流し

「僕はね…?ただ君たちと、君たちと一緒に居たかっただけなんだよ」

己を殺し

「例え弱くても!お前の心の支えにはなれる!だから信じてくれ!
この…無力な俺を……!」

残酷な運命を

「ずっと…親友、だろ?」

繰り返さなければ
 いけないのだろうか…



待ち受けるのは

悲劇か?残酷か?混沌か?

それとも…

幸福か?未来か?希望か?


──再び巡り逢った彼らはこの世で何を起こす?──






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
表紙はしら様
素敵イラストをありがとうございます!



蒼夜の死神設定集
[リンク]


 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

薔薇姫さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません