このページのリンクアドレス

エブリスタ
白と黒の陰陽力使い

小説 ファンタジー

白と黒の陰陽力使い

白木蓮

表裏一体の陰陽×和風ファンタジー。彼らには、向かうところ敵なし!

完結

287ページ

更新:2013/05/25

説明

 この現代において、世界は二つ存在している。

 一つは人々が住む人間界。もう一つが、人の歪んだ感情がつくり出した世界でその名は幻界……。

 ――そこには、妖怪が住んでいる。

 双方は干渉し合うことなく存在していた時期もあったが、それは遠い昔の話にすぎない。

 妖怪は人間界にできた裂け目を通り、現代で人を食らうためにこの世に身を潜めた。

 現在、妖怪から人々を守る者は陰陽力使い(インヨウリョクツカイ)だけとされている……。


 表紙絵はタクロヲ様に描いていただきました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

白木蓮さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント