このページのリンクアドレス

エブリスタ
独リ遊ビ

小説

独リ遊ビ

ナギ

寂しい夜に、添える詩

完結

375ページ

更新:2017/07/11

説明

それは狂気
生の中の芸術

僕は欠乏する酸素の存在すらも忘れ
ただその蠱惑的作品に酔いしれる

これは、僕達の愛が生み出した奇跡の作品だ

~『Masochism』より一部掲載~



☆★☆★☆



君は
君が思う程
一人じゃない



ただ
神様を探して
空ばかり見てるか

または
落ち込んで
地面ばかり見てるか

どっちかだから
隣にいる僕が
見えてないだけだよ

~『隣人』より一部掲載~


★☆★☆★


ご閲覧頂き感謝します。


現在有る詩の主なテーマ
核、孤独、生、寂しさ、辛さ、愛、恋愛、恋人、自殺、幸福、生きる、価値観、性癖、SM、快楽、哲学、真理、料理、名前、光、闇、希望、絶望、永遠、音、感性、神、仕事、時間、ツンデレ、俺様、学生、勉強、自己表現、雪、色彩、友達、ビリヤード、手紙、世界、酒、花、思い出、月、道、歌、共存、不思議、別れ、ヤンデレ、クローバー、子供、絵心、募金箱、睡眠、舞台、自己嫌悪、絆、魅力的

~注意書き~
※一部の作品にSEX等の性的表現を使っています。
※詩に登場する『僕』や『君』といった一人称に性別は有りません。作品毎にしっくりくる方でお考え下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません