このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

妄想乙女日和

小説 恋愛

妄想乙女日和

緋乃

現実?妄想?実話を妄想で盛ってみた、ちょっと愉快なカレとの日常。

休載中

14ページ

更新:2010/11/21

説明

「浅井さんってさ、イジり甲斐ありそうだよね」


サークルの交流会で出会った男の子。
彼――国広祐哉は、爽やかな笑顔であたしにそう言った。


「……それ、絶対褒めてないよね…!?」

「え?褒めてるとでも思ったの?」

「ちょっと待てコラ!
ヽ(*`Д´)ノ」


そんなやり取りから始まった、微妙なカレカノ関係。

平凡で、ありきたりで。
でも、ちょっと愉快で。
ちょっとオタクで腐女子。

そんなあたしと彼を中心に、友達や家族で繰り広げる日常。



緋月架乃の実話を妄想で盛ってみた、痛さ満点のエピソードの集合体

カテ違いだったらスミマセン……ラブ要素の薄いラブコメだと思って読んでみて下さい。

長さバラバラ!時間軸無視!

実在の人物・作品・団体・地名とはほとんど関係ありません。

マンガとかキャラクター名とか当たり前に出てくるけど、お気になさらずに。
ネタが分かる人は笑って下さい。
そして一緒に愛を叫びましょう。

※僅かだと思いますが、サラッと腐ネタを投下する可能性があります。
苦手な方は注意して下さいね。

※会話が大半で台本書きしてるので、小説の書き方には反しています。


現実と妄想の境界線は…?

以上、あらゆることに耐えられそうな方はどうぞ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

緋乃さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません