このページのリンクアドレス

エブリスタ
災厄の姫君

小説 歴史・時代

災厄の姫君

日向あおい

平安時代のドS武士とウブなお転婆姫のファンタスティック将門記(歴史ファンタジー)

過激表現あり

完結

373ページ

更新:2011/10/29

説明

※前作[リンク]を読んでいない方でも、十分お楽しみいただけます。


 駆け落ちしたらそれでめでたしめでたし?

 世の中そんなに甘くない!!
 
 これからが尚子と将門の腕の見せ所。

 平安の英雄・平将門と、ウブなお転婆姫による、建国戦記スタートです!!

……………………

目標、毎週日曜日更新!
 

歴史    ★★☆☆☆
ファンタジー★★★★☆
恋愛    ★★★★★

100110 執筆開始
111029 完結


参考文献

『その時歴史が動いた33』KTC中央出版
『武士の誕生 坂東の兵どもの夢』日本放送出版協会
『物語の舞台を歩く 将門記』村上春樹著
『将門記を読む』川尻秋生著 吉川弘文館
『揺れ動く貴族社会』川尻秋生著

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

日向あおいさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント