このページのリンクアドレス

エブリスタ
ヴァイオリニストⅧ~vsアヤ

小説

ヴァイオリニスト

ヴァイオリニストⅧ~vsアヤ

鈴 かおり

(2)

天才ヴァイオリニスト、指揮者デビュー!?(?N修正中ですがお読み頂けます)

完結

405ページ

更新:2014/05/31

説明

~Ⅶまでの概要~

天才の名を欲しいままにするヴァイオリニストのジム・ブラッキン。その演奏は世界中を魅了する。

そんな彼の弱点は“女”。

人並みか、人並み以上か、とにかくスケベに生まれついた彼は、10代の頃は好き勝手にやり放題。

でもそれなりにイタイ目にも遭って、段々と更生、結婚してからは聖人のごとく清い生活を送っていた。

ところが、イタリアはクレモナに滞在中、天才仲間のリヒノフスキーの付き添いで行った風俗店で、とうとう美しい女性たちの“営業”に負けてしまう。

……??

演奏旅行のため、一ヶ月も二ヶ月も家に帰れない事はザラな僕。

登場曲目

バッハ:ヴァイオリンとクラヴィーアのためのソナタ BWV.1014
コルンゴルト:組曲『空騒ぎ』Op.11
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタBWV.1001アダージョ
リムスキー・コルサコフ:『シェエラザード』

??中『シェエラザード』の解釈は作者の解釈で、他にも色んな解釈が存在します。作曲家の指示がないので自由に解釈して良いということで?I??

バッハ:無伴奏フルートパルティータBWV.1013
クープラン:第7組曲
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲『トルコ風』
シューマン:ヴァイオリンソナタ第二番

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

鈴 かおりさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません