このページのリンクアドレス

エブリスタ
蜃気楼

小説 恋愛 その他

蜃気楼

逢坂なみ

【※B/L】やっと再会できた彼は本人なようで……?

完結

215ページ

更新:2012/04/29

説明

 
 金髪に緑の目をした十九歳の少年は、四年前姿を消してしまった従者であるタクトを探して家を飛び出す。

 魔物と人間が共存している街――雪の国へとたどり着いたサラ。
そこで出会った黒髪に青い目をした青年はタクトと瓜二つで。
本人とも思えるが、纏っているオーラがどこか違うのだ。

 聞けば、タクトは吸血鬼と悪魔のハーフだった。


 殺し屋として生きていた少年と、魔物として厭われ続けてきた青年と、互いを想うからこそすれ違う想いの果ては――。


※ボーイズラブ小説になりますので、耐性のない方の閲覧はご遠慮ください。
※流血描写を含みます。



~お知らせ~
 2012/3/12に無事、完結致しました。長きに渡る更新でしたが、最後までお付き合いありがとうございました!
 これから蜃気楼のキャラは短編中心に登場させる予定です。
 完結できたのは、楽しいと言っていただける皆さんがいらっしゃったからです。重ねてお礼申し上げます。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

逢坂なみさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません