このページのリンクアドレス

エブリスタ
父親は中学三年生!?

小説 恋愛 ラブコメ

父親は中学三年生!?シリーズ

父親は中学三年生!?

白鐘 七海

(1)

「なんだかんだ言いながら、優里のパンチラは最高だよな」「マジでぶっ殺すわよ」

完結

638ページ

更新:2013/01/02

説明

「私があんたの嫁よ」


「そして私がパパの娘です」



はい、意味が分かりません。


俺の名前は橋本祐樹(ハシモトユウキ)激しく白けた中学三年生の受験生です。


俺の親は自由人で最近旅に出るとか言っときながら家を出た直後にトラックに引かれ、あの世へと旅立って行きました。


ええ、きっとそのせいなのかも知れないけど、葬儀も終わり、落ち着いて来た時に従姉の女の子達が俺の目の前に現れたんだ。



俺と同い年の橋本優里(ハシモトユリ)


そして9歳の中村三依(ナカムラミヨリ)



父の遺言により、俺が18歳になった時に優里と結婚させられるハメに!?

確かに、従姉同士の結婚は法律上許されてるけど!



認めねぇ!認めねぇぞ俺は!


そして、俺と二人の女の子との同居生活が始まった。



はて…これからどうなる事やら


検索ワード

ツンデレ、幼女、ロリコン、ロリータコンプレックス(^ω^)




重要事項


エブリスタで再公開されましたのでこちらで再度更新していきます。

尚、ヤバい描写は全て削除したので所々話が飛んでいますが、ご了承下さい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

白鐘 七海さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません