/ 132ページ
この章 1/5ページ
序章


X


これを"未知数"と呼んだのは誰だろうか?




いつしか俺は"X"と呼ばれた


頭脳、身体、精神、

その他、様々なことに対し上限を知らないからだ。



だが、人間は誰しも限界がある。

俺は悟られない術を知っているだけだ。




そして、俺が"X"と名乗り始めて2年


別の"X"が現れた。



国籍、性別を始めとするすべてが未知。


しかし、実際に存在する。



そいつがXになると、俺は違う名前で呼ばれるようになった。



《INEVITABLE》



/ 132ページ
この章 2/5ページ

みんなが送ったスター数

2886

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|その他