/ 660ページ
この章 1/2ページ
プロローグ

果たして、この世に神は存在するのであろうか?


人類は太古の昔より神を畏れ(おそれ)、敬い(うやまい)、そして奉ってきた。


この世に、神は存在しないという考えの人はこう語るかもしれない。


「もし、神が存在するというならば、なぜこの世から悲惨な戦争はなくならないのか?」


「なぜ、真面目に生きている人が、突然通り魔などに殺されなくてはならないのか?」


神は慈悲深い存在であり、そのような理不尽なことを見逃すはずはないと。


その一方で、現代の科学では説明のつかないような奇跡がこの世に存在するのも、また事実である。


人は、一体どんな目的でこの世に生まれてきて、そして死んでいくのだろうか?


この世の中は……、いまだわからないことだらけである。

/ 660ページ
この章 2/2ページ

みんなが送ったスター数

10605

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

注目作品