このページのリンクアドレス

エブリスタ
その恋を運命と呼ぶのなら

小説 BL

その恋を運命と呼ぶのなら

本郷アキ

BL/オメガバース/ツンデレ社会人オメガとヤンデレ大学生アルファの濃厚ラブ

完結

224ページ

更新:2017/09/17

コメント:スターありがとうございます。執筆の励みになります(o^^o)

説明

自分に自信が持てずにいた空は、三年ぶりに中学の頃憧れてずっと想い続けた存在、碧と再会する。
勉強もスポーツも何でもできて、学校の中心的存在だった碧、それに比べて友達も作らず何もかもを諦めていた空、二人は性格も対照的だった。
階級社会のこの世界、ほんの二十年前まではオメガは奴隷として扱われていた。レイシストと呼ばれるオメガ差別を肯定するアルファにより、子どもを作る道具として社会の底辺に生きる、それがオメガ。
オメガを守るための法律ができても、ヒトの意識は変わらなかった。もしもオメガだとバレたら、一生社会の底辺で生きるしかない。
だからこそ、皆オメガのヒートを抑える抑制剤を飲みベータとして生活しなければならなかった。しかし抑制剤には強い副作用があると言う。
この底辺の生活から抜け出すためには、アルファと番になればいい、番となったオメガはほとんどベータと変わらない生活ができる。
その中でも、特別な存在〝運命の番〟1パーセントのオメガの中でもわずか1パーセントしか運命の相手には会えないと言われている。
しかし、空は出会った瞬間に感じた──碧が運命の相手だと。
けれど、それはオメガだから、アルファだから感じた〝運命〟ではないのか?
本当に碧の気持ちは空へ向いているのだろうか。

※文字のよじれなど随時修正入れております!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント