このページのリンクアドレス

エブリスタ
運命は動いてる!

小説 BL

オメガバース

運命は動いてる!

藤野 朔夜

オメガバース第二弾

完結

84ページ

更新:2017/09/03

コメント:完結いたしました。お付き合い、ありがとうございました!!スター100達成!!ありがとうございます!!

説明

 エルザルーン国はオメガ迫害をしている。
 オメガに産まれてしまったイーファンは、死んでも構わないという両親の元、衰弱して行く。
 そんなイーファンを救ったのは、その時の領主。
 領主の館で、執事長の息子として、順調に執事の仕事を覚えていたリカルデは、ある日主人が連れて帰って来たオメガのイーファンに心奪われる。
 どうしようもなく欲しいと思うのは、イーファンがリカルデの運命だからだった。
 隣国アルザラド国が近いことも有り、リカルデは運命の番を理解していた。

 ヘタレ執事リカルデ×強気な愛されっこイーファン。
 オメガバースの設定で書いてます。男性の妊娠・出産が言葉として出てきます。

 「運命の悪戯」より前の話。

 アルファポリス・ムーンライトノベルズには、「運命の悪戯」第二章として投稿

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

藤野 朔夜さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません