このページのリンクアドレス

エブリスタ
『BL』われても末に もの想う身は

小説 BL

『BL』われても末に もの想う身は

水戸けい

帝と、それを取り巻く人々の策謀と愛欲。

完結

147ページ

更新:2017/08/06

説明

ただ無為に時を過ごし、与えられるものだけを受け止めていた帝、旭の耳に「帝が哀れ」と言う無位無官の男が居るとのうわさが入る。
その男に興味を示し、自らが忍んで会いに行った先で男、木曾義直に淫らな行為をされてしまう。
その時に初めて帝としてではなくただひとりの人間として扱われたことに心を震わせ……

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

水戸けいさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません