このページのリンクアドレス

エブリスタ
兎獣人のはずなのに、俺の耳だけ三角形。

小説 BL

兎獣人のはずなのに、俺の耳だけ三角形。

猫宮

(1)

兎獣人のはずなのに、俺の耳だけ三角形。

完結

121ページ

更新:2017/05/18

説明

白兎族のみんなは、白くて長い耳をしているのに、俺だけ黒くて短くて三角形。そんな、みんなの中で浮いている俺のもとに、ある日、大陸で一番大きな国を治める森猫族の遣いの人がやってきて「貴方は黒猫族の王族です」と告げた。※総嫌われからの総愛され、獣人のお話です。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

猫宮さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません