このページのリンクアドレス

エブリスタ
屍置人人別控

小説 歴史・時代

田嶋の息子、主馬シリーズ

屍置人人別控

小松平朝臣

終わりの見えぬドブ浚い

完結

1691ページ

更新:2016/12/10

説明

 時は、文化・文政年間。


 人の悲鳴にさえ耳を貸さぬ畜生を屠る、人に非ざる者達が居た。


 それが、屍置人である。


※注意


 この物語は話の性質上、エログロ。


 及び、残酷描写が入ります。


 未成年、更に心臓の弱い方々は閲覧を控えて戴ける様申し上げます。


 また台詞中に片仮名語が入る事が有りますが、人名ですので御容赦戴きたく存じます。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

小松平朝臣さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません