このページのリンクアドレス

エブリスタ
真っ青なブルー《1》

小説 恋愛 大人の恋

真っ青なブルー

真っ青なブルー《1》

神威遊《活動休止中》

(3)

love and peace【X指定】

完結

40ページ

更新:2014/08/11

説明

【X指定】
平和とは無関係のダウンタウンで生まれ育ち、ダウンタウン産のドラッグ『PEACE』の売人マークはレインボーアーチブリッジで繋がる富裕層のクラスサウザンドヒルの住民たちを相手にPEACEを売って生計を立てていた。

そんなある日、マークはリリと名乗る美しい少女と出会う。

「人は愛で繋がっている」と夢のようなことを唱えるリリに惹かれるマークはやがて勃発する戦争にその身を投じ、リリとのことが想い出になってしまったことを憂いていた。

たった一度だけ会ったリリが教えてくれたのは自らを投じた愛そのもの。

愛を疑っていたマークはリリに教えられた愛をその胸に燻らせたままそのボタンを押す。





※この作品はあるアーティストのある名曲を下敷きにして作成しています。ですが、作中でそれを明かすことはありません。知りたい方は……推理してちょんまげ。(アヒル口)


執筆開始2014.07.27

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

飛鳥 永久
飛鳥 永久さん
【作品】真っ青なブルーについてのレビュー

ネタバレ


愛と、平和。そして戦争。

この物語ではこの重たいけど決して目を背くことの出来ないテーマで描かれておりました。

この作品を読んで感じることは人それぞれだとは思いますが、私個人の感じた事として拙いながらレビューを書かせて頂きたいと思います。

平和で幸せな世界を手に入れたい。

戦争なんて誰も幸せになれない辛いこと。それはわかっている。誰も人を殺したくなんてない。

だけど、その平和を手に入れるには戦争しかないーー。

愛や平和はお金で買えない。とは聞きますが、でもそれを簡単に壊わすのもまた、お金なんだろうな。とも感じて。

私は作中のどの人物もそれぞれの価値観である意味「正しい」と感じました。

それは、人それぞれの幸せの形が違うからなのでしょうか。


愛とは何か。平和とは何か。

どうして戦争なんてものが起きるのか。

丁寧に、そして、作者自身の考えだけを押し付けないような物語に自分も考えさせられてしまいました。

だからでしょうか。

読んで尚、「平和とは、幸せは何だろう」とより深く思うようになるのは。

物語の伏線や、登場人物が魅力的で重たいテーマにも関わらずスラスラと読めました。

あの時の、あれはこうだったんだと。視点を変えながら書くことによってその疑問がスラスラと解けていくようでした。


いつの日か、この世から戦争なんてなくなりますように。

皆が、皆。手を繋ぎ温もりを感じますように。



もっと見る

2015/12/17 22:04
コメント(2)
花木きな
花木きなさん
【作品】真っ青なブルーについてのレビュー

遅れ馳せながら、完結おめでとうございます。
レビューという名の感想を書かせて頂きます。
テーマが深く重いので、著者様の意図しない事を書いてしまったらごめんなさい。
最初に謝っておきます。


昔も今も、どこかしらで戦争は起きています。

でもどこか他人事。
特に日本のような平和な国では、それが当たり前なことだと思います。

でも人は簡単に死ぬということを、忘れてはいけないですよね。

そして、どうして戦争が起きるのか。
そのことも、一人ひとり考えてみる時間は、絶対に必要だと感じました。

マークとリリのような人間が世の中に溢れていたら、戦争なんて起こらないのかな。

でも沢山の思想があるからこそ、彼等のような愛が際立つ。

それもまた悲しいことだけれど、それが現実。

堕落した生活を送っている人。
日々の幸せな生活に気付けていない人。

この世に生を受けても、同じように生きられない人々のことを、この作品を読んで感じ取ってもらいたい……と思いました。

勿論、私もその中の一人です。

幸せの定義。
改めて考えると、簡単に答えは見つかりませんね。

とにかく心にズドンと衝撃を受ける作品。

正直、好みは別れると思います。

それでも私は、一人静かに物思いにふけりながら読みたいと思いました。

深く考える機会を与えて頂き、ありがとうございました。

もっと見る

2015/02/22 00:19
コメント(1)

神威遊《活動休止中》さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント