このページのリンクアドレス

エブリスタ
首狩りの断罪者

小説 ライトノベル

首狩りの断罪者

Key

(6)

『地獄でまた会おう』

完結

821ページ

更新:2015/11/10

説明

平和を守り続けてきた小さな島国『日本』は、犯罪大国と化していった

窃盗、強姦、脱税、暴力、詐欺、自殺、強盗……そして殺人

犯罪は悪質化し、手口はより巧妙なものへと変わる

そして政府の決断により、世界は更に混沌とした闇に包まれていく

黒衣と赤眼の執行人
『首狩りの断罪者』
彼らは正義か、それとも悪魔か


第一幕『首狩りの断罪者』編
1P~158P
第二幕『首裂きの断罪姫』編
159P~269P
第三幕『首斬りの断罪魔』編
270P~367P
第四幕『罪断ちの犯罪者』編
368P~510P
第五幕『国狩りの断罪者』編
511P~631P
 
番外編・其の一『首断ちの断罪者』編
632P~660P
番外編・其の二『影裂きの断罪鬼』編
661P~686P
番外編・其の三『首撥ねの断罪娘』編
687P~727P
番外編・其の四『罪負いの生存者』編
728P~751P
番外編・其の五『咎守りの断罪者』編
752P~821P
 
 
番外編SS
著者 伽世様[リンク]
作品 キリ番集。700番[リンク]
登場した伽世様オリジナルのキャラクターは、本編・第三幕より登場させて頂きました!
 
――――――――
スター、応援等が増えると喜びます(笑
レビューやコメントも気軽にどうぞ!

全ての読者様に感謝です!

表紙絵
ナカハシィタ様[リンク]
何と、完結後にリメイクまでして頂きました!
有難う御座いました!

挿絵
12ページ 伽世様[リンク]
159ページ 伽世様
368ページ 伽世様

この作品のタグ

作品レビュー

Gentoo.P
Gentoo.Pさん
【作品】首狩りの断罪者についてのレビュー

ネタバレ

レビューサークルから。拙い感想ですが、少しでも創作のお役に立てたら嬉しいです。

◇まず、作者様の伝えたいこと――メッセージ性が強く込められた作品だと感じました。
人を殺した者は死刑。理不尽で残酷な壊れた正義は、悪であることと一体何が違うのか……。考えさせられる題材です。
設定が無駄に華やいでいたり細か過ぎたりしないのも、そんな題材が強調されていてとても良かったです(・ω・)

◆一番気になったのが、香奈の心情にイマイチ共感できなかった点ですね;
一時的に守ってくれているとはいえ、自分を殺す存在である隼人に対して心を開き過ぎているのに納得いかなかった……。
隼人の魅力があまり伝わらなかったからかもしれないです。本当は悪人ではない、というのは何となく分かるんですが。

《総評》
個人的にこういう深い題材は大好きで、《罪》というものについて考えながら読ませてもらいました(・ω・)
シナリオ運びも戦闘の連続から《大勢の敵に狙われている》という雰囲気が文章ではなく流れから伝わってきて、その辺はぜひ見習いたいところです^^

以上です。
上から目線なレビュー失礼しましたm(_ _)m

もっと見る

2012/09/30 18:32
コメント(1)

Keyさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント