このページのリンクアドレス

エブリスタ
ヴァイオリニストⅨ~罪と罰

小説 その他

ヴァイオリニスト

ヴァイオリニストⅨ~罪と罰

鈴 かおり

(6)

神々しいまでの美音、心が湧き踊る躍動感、鳥肌が立つ官能性…その全てが消える。

完結

337ページ

更新:2014/05/16

説明

主な登場人物
ジム・ブラッキン…ヴァイオリニスト
ルド…ジムのマネージャー
ケン…親友,医者
リヒノフスキー…天才仲間,ヴァイオリニスト
マリィ…妹,高校生
アヤ…嫁
ブラッキン家の娘たち…

ミユ(13)・モエ(11)・ベル(4)・シルヴィア(3)・フィラ(2)・キョウ(7ヶ月)
括弧内は年齢(プロローグ時点)

……??

いつの間にか、6人の女の子のパパになった僕。男の子がほしいなぁ。

登場曲目

ドボルザーク:チェロ協奏曲
シューベルト:アルペジョーネソナタ
レオンカバッロ:オペラ「道化師」より「衣装をつけろ」
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第一番
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第二番「ラ・カンパネラ」
ドボルザーク:ユーモレスクOp.101-7
バッハ:シャコンヌ

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

鈴 かおりさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません