このページのリンクアドレス

エブリスタ
浮雲とひまわりの唄

小説 BL

浮雲とひまわりの唄

浮雲とひまわりの唄

紫。

(5)

7月から修正作業の為非公開になります。

完結

144ページ

更新:2017/06/21

説明

*修正作業を行っています。ご迷惑をおかけします。

7月から非公開にて、修正作業を行います。終わり次第公開しますので、よろしくお願い致します。

もしまだ読んでいる途中という方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。



こちらはML作品です。

素敵な表紙はももごろん☆さま[リンク]にいただきました。
ありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


人間関係に悩まされ、失意のうちに地元福岡へ帰って来た一慶(いっけい)。
実家の土産物屋を手伝いながらぼんやりと日々を過ごしている。

ある日、日本が好き過ぎる変な外国人ジョシュアを家族の強引な決定で下宿させることになり……。

ご当地BL(ML)方言にご注意ください。

2016.11.13開始
2017.3.1完結

この作品のタグ

作品レビュー

みおぺーぬ
みおぺーぬさん
【作品】浮雲とひまわりの唄についてのレビュー

ネタバレ

お話の主人公は、三十代前半の元職人の男、一慶。
夢半ばで挫折し、傷ついて故郷に帰ってきた様子。まだ若いのに、やや枯れている印象…。


明るくしっかり者の妹に支えられながら、入院中の父親の代わりに店番をする日々。


そんな一慶の前に現れた、金髪碧眼の異国の美青年ジョシュ。


長身で王子様のような外見なのに、ワンコのように可愛くて天真爛漫なジョシュに、心洗われ、どんどん惹かれていく一慶。


一慶だけでなく、読者はジョシュに癒されたことでしょう。(もちろん私も)(*´з`)


日々の生活の描写、地元のご近所さんたちとの交流、主人公の心情や気持ちの揺れなどを丁寧に書かれています。
読んでいて温かいものが流れてくる作品だと感じました。


レビューを書くにあたり、もう一度通して読んだのですが、ウルウルくる場面が多くて鼻水チーンしながら読み返しました。


ジョシュ視点の番外編では、ジョシュの目に映る一慶のイケメンなこと…。思わず「惚れてまうやろー!」と胸の中で叫びました。
元々顔はイケメンだけど(女子高生に写真撮られてたし)きっとジョシュに出逢ってますます素敵になったのに違いない…。

人気作品の『朔太郎くんの隣には』のレギュラー陣もチラリと登場して、ファンには嬉しいサービスでした。


本編は完結。番外編も完結しましたが(淋しい)またどこかで再会したい二人です。
もういいよってくらい、イチャついてるのもいいなあ。(個人的願望)

もっと見る

2017/05/15 21:24
コメント(3)

紫。さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません