このページのリンクアドレス

エブリスタ
カルマ

小説 ホラー・オカルト

カルマ

朝倉 剣

(4)

東北の復興に願いを込めて、この小説を捧げたいと思います。

完結

660ページ

更新:2013/12/14

説明

それは、神の警告か


悪魔のくわだてか


ただ一つ確かなことは


カマレタラ


オシマイ


2008年9月15日、米国大手証券会社の経営破綻により、世界経済は悲鳴を上げた。


街には失業者が溢れ、日本人は明日の未来に、希望を見い出せない状況が続いていた。


明けて2009年2月2日、浅間山、桜島が相次いで噴火。


4月に入り、関東では断続的な地震が続いていた……。


出版社に勤務する杉崎啓太は仕事を終え、仙台駅西口バスプールで、帰宅のバスを待っていた。


いつもと変わらない日常、あとは妻と息子の待つ自宅へと、ただ帰るだけだった。


だが、杉崎の知らないところで、運命の歯車は少しずつ動き始めていた……。


ゆっくりと……


着実に……。


死へのカウントダウンは、もう、すぐそこまで迫っていた……。

☆角川ホラーエンタテイメント賞の決勝に残ることが出来ました。皆様が応援して下さったお陰です。本当にありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★この表紙は紅蓮様に描いて頂きました。[リンク]レベルの高い作品を描いておられる、素晴らしいクリエイター様です。

この作品のタグ

作品レビュー

AKIKO
AKIKOさん
【作品】カルマについてのレビュー

ネタバレ

1ページ、1ページじっくりと読ませていただきました。正直ホラーは苦手ですが、「怖さ」よりも「感動」の方が大きくて抵抗なく読み進めることが出来ました(*^_^*)それから、登場人物の性格や人間性がしっかりとしていたので、感情移入しながら「カルマ」の世界を楽しめました!私も作者さんと同じで宮城県に住んでいます。もちろん東日本大震災も経験しました。知り合いも亡くなったし、大変な思いもたくさんしました。でも、たくさんの心温かい支援のおかげで少しずつ復興が進んでいます。主人公の家族も、大切な人達を失った悲しみを乗り越え、最後は平和な日々を取り戻しましたよね☆被災地の皆さんも、主人公の家族達のように、決して希望を捨てず、明るい未来を信じて一歩一歩前に進みましょうね(^o^)丿私も頑張ります!!    そして、作者様へ・・・・。きっと天国のおばあさまも「カルマ」の小説が完成したことを喜んでいらっしゃると思いますよ(^_-)ステキな小説を本当にありがとうございました!次回作も期待しています♪「カルマ」が書籍化になってくれたら嬉しいです(^_-)-☆

もっと見る

2013/12/03 18:38
コメント

朝倉 剣さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント